技適マークのない機器で無線を使っていたので自首してきた。


 

技適マークのない機器で無線を使っていたので自首してきたので、その顛末。

  1. 罪の気付き

海外通販で海外製のスマホを買って、モニョモニョしてGPSトラッカーとして使ってた。
「0sim + 中国製SIMフリー端末」で初期費用7000円・月額0円の激安運用を実現したので結構自慢しまくってた。

そんだら「これ、技適無いから違法だね」と友人からのお言葉。

何となく知ってたけど、あんま知らなかったのでちゃんと調べたら、確かに違法※ぽい。
※ 日本国内の無線を使う機器はチェックの上、日本で使って良いモノにのみ「技適」というマークが付いていて、そのマークがついていないものを使うのは違法。

そこで、総務省電波利用ホームページ を見てみる。

「技適マークが付いてない無線機を使用すると電波法違反になる場合があります。詳しくは、最寄りの総合通信局へお問い合わせ下さい。」

ガビーン。これ、自首したら罰金とかとられるやつか。

 

続きを読む 技適マークのない機器で無線を使っていたので自首してきた。


台北市 松山 観光日記


台湾の台北市にあるMRT松山駅で1日ぶらぶら過ごしたので、忘れない内に書く!

適当に乗った電車の終電が松山だっただけなので、松山である必然性は無かった。敢えて松山行く人もあんまいないと思うけど、松山慈祐宮・古琴・檳榔・饒河街観光夜市 あたりに興味ある人には役立つかも!

松山慈祐宮(参拝の仕方も)

松山駅の近くにある、ド派手なお寺さん。

地元の信仰スポットなので、英語も日本語の案内もないから日本人だと1階だけ参拝して帰って来てしまうかも、それは勿体無い。
慈祐宮には10の参拝スポットがあり、それぞれの神様達が違う守備範囲を守っているので、せっかくだから全部参るのがオススメ!
お寺に日本語できるおばあちゃんが居るけど、あんまり観光客の相手したくない感じだから、自分で参拝の仕方覚えて行くか、英語できる人を捕まえるのが良さそう。(俺はそうした)参拝客の年齢層はかなり高めなので英語出来る人と出会えるまで結構きついかも。

参拝の仕方

  1. 入ってすぐ左手に100元払い、お香10本と紙銭(燃やすためのお金みたいなやつ)を取る。
  2. 紙銭を中央のテーブルに置いておく。お香が10本あるか数える。(地元の人がみんな念入りに数えているので、本数違い多発しているぽい。)
  3. テーブルの左前方にガス台があるので、そこで10本のお香全てに火を着ける。間違いやすいポイントが火をつける側。赤い方は持つべし。
  4. テーブルの右前にろうそく台があるので、そこでろうそくを1本とって火を着けてろうそく台に刺す。
  5. そのあと10本のお香を10の仏壇に順番に備えていくんだけど、それぞれの神様に「礼をする」「名前を告げる」「住所を告げる」「自分の願いを告げる」「お香を香炉に刺す」「礼をして去る」ってのを繰り返す。
  6. お寺の右側の階段を使い、1階中心の仏壇・2階の仏壇×2・3階・4階・5階の階段と順番に参拝していく。
  7. 帰りは左側の階段を降りて、1階の左側にある仏壇4個を順番に参拝する。
  8. 神様の種類はうろ覚えだけど、勉強の神様・子宝の神様・商売の神様・毎年の年神様(60人)・地獄の神様・神様の使いの虎・地元の神様・角方角の神様・神様達の神様・あと何かの神様がいる。
    関羽と鑑真と閻魔様は分かった。
  9. 最後に紙銭を取って、1階左奥にある暖炉みたいなところで燃やす。紙銭は赤い紙で巻かれているからそれを外して、大きいお金から順番に燃やす。ある程度バラバラにして入れないと火が消えちゃうから気をつける。
  10. お香で手が真赤になっているのでそれを入り口の蛇口で洗ってオシマイ!
    夜市がやっている時間ならそのまま夜市へ行くのがオススメ!

参拝の仕方を紹介してくれたのは凄く良い感じのご夫婦。(40代後半かな?)
着ているもの、喋る英語の流暢さ、漂う空気から金持ち感をビシビシ感じた。
信心深い人が金持ちってことは、このお寺はご利益があるんじゃなかろうか!

檳榔(ビンロウ)屋

檳榔(ビンロウ)は噛み煙草っぽく使われてる、ちっちゃい椰子の実っぽいもの。台湾から消えゆく文化の一つということで体験してみた。

松山駅周辺・裏通りの檳榔屋に最初入ったけど、中で肉体労働者風のおじさん3人が喋ってて、俺に気付いて「出て行けー」みたいなジェスチャで追い返された。地元向けだったんだろうか。

次に松山慈祐宮近くのガラス張りの檳榔屋に入ったけど、そこは檳榔生産所みたいな所で一応小売もしてるって感じ。小さい店の中でスマホで音楽PVを見ながらおばちゃんがひたすら檳榔を作っていた。

欲しい旨を告げて5個入りを50元で入手。

檳榔の楽しみ方

  1. 檳榔の実を噛み潰す。奥歯推奨
  2. 口の中に汁が出てくるから、飲まずにコップに吐き出す
  3. これを3〜5分続ける。1回に実は1つで良いとのこと
  4. 終わったらティッシュで口を拭く
  5. 繊維が歯につまったら楊枝で取り出す

常用していると歯が赤くなって落ちないらしく、本当は歯磨きもした方が良い。

色んな人の話を聞いた感じ、「檳榔は田舎者・老人・肉体労働者がやるもの」としてアーバンな人たちにはちょっと白い目で見られてる感じ。
実際に都心部からは消えつつあるらしい。

檳榔の効き目

檳榔を一つ噛み潰して30秒くらいで顔がカーっと暑くなって少し汗ばんで頭がクラクラーっとした。若干足もフラ付く感じ。
幻覚とかトリップとかって感じでは無くて、酒のんでフワフワになるのに似てる。普段酒のんでもすぐ気持ち悪くなってしまうので、気持ち悪さ無くフワフワになれるのは良いなと思った。
3〜5分もしたらスーっと抜けて元通り。

調べた所、耐性・中毒性があるらしい。俺は1回やっただけだと特に「又やりたい」とは思わなかったけど、やる人はご注意を。

檳榔屋女主人の人生

店でフワフワしている間、ひたすら檳榔をつくってる主人とちょっとダベってた。

40代〜50代と思しき女性。若いころに両親と共にベトナムから台湾へ移住。以降ひたすら檳榔を作る。毎日何千個と作り続ける。
数年前に母を亡くし、年老いた父と二人で生活をしている。
週に7日働き、3食とも家で自分で作って父と食べる。
白い目で見られる職業+異邦人ということもあり、台湾に友だちと呼べる人は居なく、ベトナムにも友だちはいたかもしれないが覚えていない。
台湾にあるベトナム人コミュニティも存在自体知らない。
外食もせず、遊ぶこともせず、ひたすら働き父と二人で生きる生活。
貯めたお金で家電なんかを買って少しずつ生活水準を上げることを目標にしている。
父以外の人と雑談した事自体が久しぶり。

まったく自分の生きている世界と違う彼女の生活に衝撃を受けた。

台湾から檳榔が徐々になくなりつつある状況やお父さんのご年齢。いろいろ踏まえて彼女のこの先の人生を考えて暗い気持ちになってしまって、何も言葉が出てこなかった。

しばらく沈黙が続いて、耐え切れずビンロウを吐き捨てて、フラフラが引けるのを待って店を出た。

今考えれば彼女には多分彼女なりの幸せがあるんだと思う。テレビで好きなスターがいるとか、毎週楽しみに見ているドラマがあるとか、季節の花とか美味しく作れた料理とか。
それらはきっと今後もずっと彼女の人生に幸せを運び続けるはず。

自分のものさしで勝手に人を不幸だと思い込んで感傷に浸ってたのは頭が悪くてダサいと反省。
檳榔の影響ということにしておこう。

松山の古琴教室

松山駅前の大通りに「古琴教学・毎月1200元(月2回)」ってあったので、「1回600元で体験出来るならしたい!」とお邪魔した。

雑居ビルの一室。おじいちゃん先生しかいなくて英語が伝わらない。
戸惑いながら「よその人には教えてないんだよ」みたいなこと言っているのは何となく分かったけど、紙に「我想体験」「我想聴你的演」って書いて頼み込んだら身振りでOKが出た。
そのうち生徒の上品なおばさまが何人か来て、そのうちの一人が基本的な演奏の仕方を教えてくれた。
楽譜は12345…と数字で書いてある弦を弾くので、初見でも割とすぐ分かる。
指使いも譜面に書いてあり、リズムゲームとか得意な人ならすぐ楽しんで演奏できるはず。

ちょっと練習してメロディーを奏でられるようになると、「孔子、孔明、陶淵明、白居易と同じく、俺も古琴を奏でている…!」とミーハーに感動してしまった。

そのうち生徒さんが集まると古琴合奏が始まり、俺は隅っこで聴く感じに。

生の演奏は本当に綺麗。

その後もあれこれ教えてもらい、お酒まで出してもらい、料金もいらんと受け取ってもらえず…邪魔しただけになってしまったけど、非常に楽しくいい時間になった。

多分生徒さんも観客がいる中で演奏する良い機会になったんじゃないかなー。(と、都合の良い解釈)

饒河(ラオホー)街観光夜市

普通の夜市で、地元の人の夕飯・夜遊び用って感じ。

他の夜市行ったことある人なら目新しい物はないけど、夜市にあるべきものは割と揃っているって感じ。

フルーツジュース・安い屋台メシ・ハンバーガー屋・日本料理屋・スマホ周辺機器中心のガジェット屋・刺青屋・洋服屋(ジーンズメイト特価品レベル)・お茶屋・お菓子屋・ゲームセンター・マッサージ屋。割と何でもある。

ここでメシ食うために店2軒入ったけど、2軒とも外してしまった。

台湾は高い店とローカル向けの店はちゃんと美味しいんだけど、繁華街・観光地にある安い店は地雷率が結構高い感じ。

夜市は良い時間になるまで待って、行列出来てる店選ぶのが良い。

 

 

以上、

台北市松山。楽しかったー。

 

 


「忙しいが口癖の奴は仕事ができない」を鵜呑みにしてはいけない


「忙しい」が口癖の奴は仕事が出来ない。

これ、結構良く耳にする。
検索して見るとこの説が割と支持されていると分かる。

仕事ができない_口癖_-_Google_検索

でもこれ、鵜呑みにしちゃいけないと思うんだ。「忙しい」を言われたら、言った人を責めずに、むしろ言われた自分自身を反省すべきだと思うんだ。

事例

仕事出来るデザイナーさんが、代理店の某氏に最近の状況聞かれて「いやー、忙しいですね…ちょっと今後も暫く忙しそうです。」と答えていた。

デザイナーさんは「良い案件あったら紹介してくれ、最近マインクラフトしかやってない」って俺には言ってたので、そこそこ暇なはずなんだけどね。

続きを読む 「忙しいが口癖の奴は仕事ができない」を鵜呑みにしてはいけない


中高生向け、プログラマーっていう仕事


「プログラマーってどんな仕事?」って中学生・高校生・(たまに小学生)に良く聞かれるので簡単にまとめた。

コレを読んでプログラマーを目指す人が一人でもできたら嬉しい。
そしていつか一緒に何か作りたい。

続きを読む 中高生向け、プログラマーっていう仕事


男性社会に女性が進出って、無理ゲーだと思った


地域の会議に参加してみた。参加者の95%が女性で、男は俺1人。
そこで超衝撃を受けたので、備忘も兼ねて残しておく。
まず、少なくとも俺の知っている会議は、議題があって、それに適切と思われる答えを出すもので、答えを出すために必要な人間・情報を用意したうえで行われるものだ。

けど、そこにはそんな会議の概念は通用しなかった。

議題が提示される。

概要を理解している中堅社会人なら3分で結論出せるような話。
でも結論は出ない。結論が出ないどころか、結論に繋がるような話も出ない。
それに関連する無難な話がひたすら続いて、だれも踏み込んだ話をしない。
多分大事な情報を持っている人も意図して出していない感じ。

会議のはずなのに、1mmも話が進まない状況に俺は混乱した。
会話は続いているのに、解決に向かって全然進んでいない。

「主婦が多そう…。社会人経験無いとヒヨコ頭になってしまうのか!?」
「実は…。表立って言えない何かがあって、みんな言い淀んでいるのか?」
「地域の闇…。司会者が嫌われてて、これは陰湿なイジメなのか?」

そんな色々な疑念が渦巻いていた時…、やっと気付いた。

続きを読む 男性社会に女性が進出って、無理ゲーだと思った


WeChat面白いよWeChat!!!


WeChatが面白い

WeChatが流行っていて意識の高い友人が、インバウンドだー、SNS運用だーって話をしていたので、試しにWeChatを入れてみた。
WeChat使ったビジネスに1mmも興味無い状態で遊んでみて、楽しかったのでみんなにもオススメする次第!

出合い系WeChatとして

WeChatには「発見・シェイク」「発見・近くにいる人」という機能があり、近くにいる人とメシ食いたいとか、誰でも良いから話したいという時に適当な人と話せる。
自分はよく中東系のオッサンとダラダラ喋る。
翻訳機能(Microsoft Translate)が割といけているので、アラビア語と日本語でもなんとなくコミュニケーション出来る。
コレは楽しい!!!

printscreen
会話に困ったらとりあえずアメリカDISかましておけば仲良くなれる。(ヒドイ)

あとは都内にいる中国人の兄ちゃんとか、ちょっと日本語できるので楽しい。
会話に困ったら美味しい中華の店教えてもらうと良いよ。あと、中国人が日本でどんなビジネスやってるかとか。結構インバウンド系の調査してる人なら面白い話聞けると思う!

「出合い系と言いつつ、女の子と出会えないじゃないか!」という問いには「そうだよ」とだけ。
現実世界で女の子に声を掛けて仲良くなれない人は、WeChatに限らず、別にどんなツール使っても無理だから、うまい話を見つけたと思ったらソレは騙されてるかもね。

WeChat気をつけるべき点

たまに「発見・近くにいる人」で、とってもアトラクティブなプロフィールの女性からお声が掛かる。
話してみると、「1時間xx,xxx円でエロいことしまっせ。」的な誘惑をしてくる。
1,000%WeChat上の詐欺なので気をつけよう。
写真と違う人が出てきて、滅茶苦茶な時間を過ごして、凄い金をとられるよ。
「ひょっとしたらマジでこの子がいるのかも…」なんて絶対思っちゃダメ。
自称クロアチア人にクロアチア語で話しかけたらブロックされたw

リサーチツールとして

リサーチツールとしてもやっぱり凄く使えるよ!インバウンド狙ってる人なら絶対使ってほしいな!!
例えば……って思ったけど書くのめんどいので省略。

気になったらWeChat上で tojikomorin をフォローして声掛けてみて。

実際DLしてつかって使わない人は、多分ハウツー見ても、納得&満足して何もしないで終わるもんね。


チーかま美味すぎる


チーかま美味すぎる。プログラマーはチーかまを見直すと良いと思う。

プリっとした食感。チーズの舌触りと香り。

一口目にガツンとしたインパクトは無いけど、その代わりアクのなさから幾らでも食べられる。

高タンパク低糖質でダイエットにも良い!(しらんけど)

ただのかまぼこも美味い。確かに美味いけど、チーかまは醤油も皿も不要。赤いシールをぺろっと剥がしてペリペリーってビニール向いたらReady to eat!
5秒で食える。
まあ、なれないうちは赤いシール剥がすのしくじるから15秒位か。

ポテチも美味い。確かに美味いけど、手がアブラまみれになってスマホの画面がベトベトになるし、カスがパラパラ落ちてキーボードの間に入るしでデジタル世代との相性は最悪。チーかまなら指先は綺麗なまま。カスが飛び散ることもない。

同一フォーマットに魚肉ソーセージというライバルもあるけど、栄養価のためにしゃーなしでラインナップに組み込むことはあっても、「食いたい」って食って「美味かった!」という食後感を味わったことはないんだな。(超個人的だけど)その点チーかまは微妙にテンション上がるポジションを築いている気がする。(超個人的だけど)

チーかま美味すぎる。プログラマーはチーかまを見直すと良いと思う。


「建築家が好き」って人が苦手 ~フランク・ゲーリー展を観て~


「建築家が好き」って言ってる人が苦手でした。

おそらく建築について基本的な勉強をしたこともないであろうに、「建築家が好き」と公言している人を見ると心がざわついてしまったのです。

10年以上前。私は大学生でした。

その頃の私は格好付けて「建築家が好き」と言っていました。

建築家の英語で書かれた本をオシャレな喫茶店で読んでいました。時にはそれを訳知り顔で女の子に話したりしていました。

アルバイトのプログラミングでも「建造物の設計手法をプログラミングに導入すべきだ」と訳の分からない事を口走ったり、作成したアプリケーションの壁紙を「ファサード」と呼んだり、痛々しい行動を繰り返していました。

ある日母が私の下宿先の本棚を覗いて建築の本を見つけました。そして嬉しそうに「○○さんのこと、好きなの!?」と。

これが悪夢の始まりでした。

母は20年以上キャリアのある設計屋でした。共通の話題が少ない息子と新しい話題が出来たと喜び、色々話そうとしました。

……が、いかんせん私は「ファッション建築家ファン」でしか無かったのです。

建築の基本も知らなければ、設計の歴史も知らない。私が本棚に飾ってある建築家がなぜ市場を席巻し、また市場から去っていったのかも知りません。

「ただ、なんとなくオシャレでかっこいい」だけで好きだった。いや、むしろ「その建築家を好きと言っている自分がかっこいい」だけで好きだったのです。

その時の母のがっかりした顔。

あんながっかりした顔をさせたのはいつ以来でしょう。小学校の保護者面談で「トジコモリンくんは思いやりがありません。勉強はできますが育て方に失敗しています」と言うようなことを言われた時以来でしょうか。

母は情けない私を見て、きっと再び自分の子育てを責めたに違いありません。薄っぺらい奴に育ててしまったなと。

その日以来、「建築家が好き」と言っている人がいると心がざわついてしまって直視することが出来なかったのです。その人達に非は1%も無いのですが、自分の黒歴史を思い出して辛かったのです。

 

そして今週。忌まわしき建築家の展示会「フランク・ゲーリー展」へ行ってきました。

たまたま仕事をご一緒している素敵な先輩が行くというので付いて行かせて頂いたのです。

正直何も期待せずに行きました。ひょっとしたらその先輩に自分と同様の底の浅さを見たいという、いやらしい気持ちが有ったのかもしれません。

しかし、展示を見て私の心は大きく動いていました。

社会人経験を経て、大規模なプロジェクトを遂行することの難しさを嫌というほど分かっていた私に、彼の仕事は沢山の気付きと発見を与えてくれました。

人と違うことを考えるのは簡単でも、形にし続けるのは難しいということを、直近のプロジェクトでさえ痛感している私に、彼の生き方は尊敬と感動を与えてくれました。

なんということでしょう。底が浅いことを自認しているにも関わらず、またしても「建築家が好き」と公言しなければならない日が来てしまいました。

ちくしょう。こんなことなら行かなければよかったぜ、フランク・ゲーリー展!!