大学を卒業させられた話


珍しい経験なので書いておく。

留年確定

大学4年の時、ある必修の授業に全然出席せず、テストもブッチしていた。

結果、卒業者リストに自分の名前はなかった。

留年が確定した。

実は学生時代に自分が始めた事業が儲かっていた(学生にとっては)ので、『新卒カード残しておいて事業にチャレンジできる』と考えての留年だった。

……それはかっこよく言いすぎだ。そんなに意識は高くなかった。

『社会人大変そうだし、ダラダラ過ごして十分な金も入る今の生活を続けたい』が正しいな。

とにかく、留年しようと思っていた。

助手さんからの電話

携帯が鳴った。

取ると大学の助手さん(正確なポジションはよくわからない。いつも学科の所にいた女性)からのお電話。

「トジコモリンくん、このままだと卒業できないよ!困るでしょ!?」

「え、いや、まー」

「卒業したいわよね!?」

「いや、もうしょうがないですよ」

「まだ諦めないで、みんなのお蔭で何とかなったから」

「!!!???!!!」

逆転卒業

なんと、卒業者リストを見て心配した学科の友人Aが友人Bに相談 → 友人Bが助手さんに嘆願 → 助手さんが教授Aに相談 → 助手さんが教授Bに相談 → 教授A/Bがエライ人を集めて会議 → 特例発動。

なんだその大きなカブ。

結果、落としたはずの単位は与えられ、なぜか卒業出来てしまった。

授業もテストも受けていないのに単位を取得するという。大学生にとっては憧れのチートが知らぬ間に発動していた。

教育機関としてそれが適切な対処か今考えると微妙だけど、自分が卒業に足る賢そうなオーラ出してたから……ってことにしとこう。

どんな会議があったのか知らないけど、クソ忙しい中俺のために骨を折ってくださった皆様からすると「しょーもないけど憎めないヤツ」キャラになっていたようで、助手さんや教授の皆様から可愛がられるという副作用もあった。

とはいえ、卒業する気はなかったのに卒業が確定した。

卒業おめでとう

ありがとう。皆様のおかげです。

留年するつもりだったので就活もまともにやってなかったし、かと言って事業にフルコミットする覚悟もなかったので、色々大変だったけど、今振り返るとあの時卒業しておいて本当に良かった。

あのままダラダラやっていたら今頃人生ヤバかったかもしれない。本当に感謝。

珍しい経験なので書いておいた。


投稿者:

tojikomorin

仕事が固いマジメなシステムのお仕事ばかりなので、趣味でアホなプログラムを書いています。 固いのもアホなのも両方好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です